人気メルマガ「チホウ政治じゃーなる」のブログ版


by kabashima_h
<抄録・チホウの出来事>
徳島新聞2004年11月27日

 徳島県は、飯泉嘉門知事が入居している知事公舎(徳島市南仲之町三)の家賃を、12月から有料化することを決めた。月額3万6492円で、来年4月からは4万792円に引き上げる。県は「財政難の折、知事自身が身を削る姿勢を示した」としている。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-27 22:34 | 徳島県
<抄録・チホウの出来事>
四国新聞2004年11月25日

 善通寺市は個室執務スタイルを改め、市長を含めた部長以上の幹部が一堂に会して大テーブルで執務する「意志決定機関室(仮称)」を設ける方針を明らかにした。全国初の試み。市長に一極集中する地方自治体のネック解消が狙い。中央に置いただ円形大テーブルの自由な席で、6人の部長が執務する。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-25 12:13 | 香川県
<抄録・チホウの出来事>
長崎新聞2004年11月24日

 自民党県連は政治資金パーティーの政経セミナーを開いた。一昨年発覚した違法献金事件で政業癒着を指弾された県連。パーティー開催は約3年8カ月ぶり。事件後に自粛した企業への献金要請を今年4月に再開したが低調で、人件費や事務費を切り詰めるリストラ策も実施中だが、財政はひっ迫。「パーティーしか方法がない」と開催に踏み切った。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-24 11:43 | 長崎県
<抄録・チホウの出来事>
西日本新聞2004年11月20日

 福岡県警は、赤池町発注の公共事業に絡みわいろを受け取ったとして、収賄容疑で同町長の水永康雄容疑者を逮捕。水永容疑者は94年の町長選で初当選し、現在3期目。92年に財政再建団体に転落した同町の赤字財政を立て直し、01年に計画より2年早く再建団体を脱却させた首長として知られていた。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-20 11:37 | 福岡県
<抄録・チホウの出来事>
福井新聞2004年11月19日

 池田町の部子川を代替候補地とした足羽川ダム計画の在り方を検討してきた九頭竜川流域委員会の第25回会合が福井市で開かれた。福井豪雨時の流量にも対応可能とするため、治水容量が従来計画の1・9倍以上となるダムを設置する方向で意見がまとまった。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-19 12:56 | 福井県
<抄録・チホウの出来事>
信濃毎日新聞2004年11月19日

 田中知事が4年間の任期付きで公募採用した部長級職員で、経営戦略参事の中川照行氏が30日付で辞任することが分かった。約3年半の任期を残している。国際石油資本の英BP副社長に就く予定という。県産業活性化・雇用創出推進局長の丸山康幸氏も2年以上の任期を残して12月末で辞任することが決まっており、相次ぐ中途辞任となる。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-19 12:51 | 長野県
<抄録・チホウの出来事>
読売新聞北海道2004年11月16日

 高橋知事は、アイヌの伝統行事に伴って河川で行われるサケの特別採捕の許可手続きを、大幅に簡素化する考えを明らかにした。知事は9日、住民との対話集会で、日高・平取町の「萱野茂二風谷アイヌ資料館」を訪れた際、萱野館長と対談。館長から「サケ漁はアイヌの文化であり、認めてほしい」と、サケ漁の復活を要請されていた。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-16 18:59 | 北海道
<抄録・チホウの出来事>
高知新聞2004年11月15日

 四国が一体となった森林保全の在り方を探る「四国の森づくりシンポジウム」が本山町で開かれ、4県の知事、副知事らをパネリストに、連携の可能性などを論議。毎年11月11日を「四国山の日」に制定し、今後1年かけて具体的な連携事業を検討していくことを決めた。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-15 18:50 | 高知県
<抄録・チホウの出来事>
岩手日報2004年11月15日

 公共事業の大幅な削減が進む中、03年度の県内の建設業許可業者数は5065社で前年度比52社増と増加に転じた。倒産した企業の従業員が新たに企業をつくって再出発する例が多く、仕事が少なくなる中で受注争いは激しさを増す。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-15 18:43 | 岩手県
<抄録・チホウの出来事>
東奥日報2004年11月15日

 県は05年度予算編成で、基金取り崩しに頼らず収支均衡を目指す財政改革プランを徹底・加速させる方針。しかし、10月の予算編成方針では、道路や橋などの普通建設事業費は、雇用・地域経済に配慮する観点から「聖域」扱い。プランは「公共投資依存体質から自律的な体質への転換」をうたっているが、見通しは不透明なまま。
[PR]
# by kabashima_h | 2004-11-15 18:40 | 青森