人気メルマガ「チホウ政治じゃーなる」のブログ版


by kabashima_h

北海道ニセコ町がついに「自立」の道を選択

 住民自治の実践で知られる北海道ニセコ町がついに合併をやめ、自立の道を選びました。ニセコ町が今年9月に寄付条例を制定した際に、「逢坂誠二町長は法定協を離脱して、自立を模索しているのではないだろうか」と本欄で予測していたのですが、どうやらそのとおりになったようです。
http://www.kabashima.com/journal/backnumber/295.html (9月27日号)

 ただ現実には、一足先に蘭越町が離脱した後、残るニセコ町・真狩村・喜茂別町・倶知安町による法定協議会が機能しなくなり、12月31日に正式解散という運びとなります。解散を決めた7日の法定協では、逢坂町長も「(町内で実施した)アンケート結果や住民懇談会、議会との協議を踏まえると現行合併特例法期限内での合併は難しい」との判断を示したそうです。

 逢坂町長と共に昨年9月、法定協を2町で先行設置した合併推進派の喜茂別町長は、蘭越町の離脱後も4町村合併に向けて努力しましたが、「盟友関係の逢坂誠二・ニセコ町長は、9月に実施した住民アンケートで『合併反対』が5割を超えたことから沈黙」(読売新聞12月1日付)してしまったようです。合併から自立へと舵を切ったニセコ町。上記の9月27日号でも指摘したように、財政自立計画どおりに町財政が黒字に転換するまで、逢坂町長には町政の責任者としてリーダーシップを発揮し続けてもらいたいものです。

メルマガ「チホウ政治じゃーなる」vol.306の「発行人より」から
[PR]
by kabashima_h | 2004-12-22 00:36 | 北海道