「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

サイト移転のお知らせ

このたび本家「チホウ政治じゃーなる」サイトをブログ仕様にリニューアルしました。それに伴い、こちらのエキサイトブログ版への新たな書き込みは原則としてなくなります。今後は、「チホウ政治じゃーなる」へ統合しますので、そちらをご覧ください。新しくなった「チホウ政治じゃーなる」では、ユーザー登録していただくと、コメントだけでなく、ニュースなどを投稿できるようになります。それでは、皆さん、よろしくお願いします。
[PR]

# by kabashima_h | 2005-01-01 01:25

埼玉県志木市住民自治基金条例案のパブリックコメントへ応援メッセージを

 ニューズレター「コラボ」11月号のインタビュー記事で紹介した埼玉県志木市の「市住民自治基金条例案」が12月定例市議会に提案されましたが、議会の理解が得られず、可決の見込みがないとの理由で審議前に取り下げられました。
※ニューズレター「コラボ」11月号のダイジェスト ↓
http://www.kabashima.com/journal/backnumber/303.html

「市側の事前の説明に対し、市議会側から『あえて基金化する必要性はあるのか』『アンケートの対象が無作為抽出の千人というのは少ないのでは』などと条例制定を『時期尚早』とする意見が相次いだ」(12月1日付東京新聞埼玉版)そうです。

 市側は提案を撤回したものの、市民と議会の理解を得て早期に条例化したい考えで、住民自治基金制度について意見を求めるパブリックコメントを始めました。市のHPから意見を書き込めるようになっていますので、志木市在住の方はもとより、市外の方でも、この制度に賛同する方はぜひ実現に向けた応援メッセージを送ってあげてください。

※志木市HPのパブリックコメント ↓
http://www.city.shiki.saitama.jp/html/topics/juuminjichikikinnitsuitegoikenwookikasekudasai.html

あるいは、志木市HPのトップページにある「TOPICS 最新情報」の中の「志木市住民自治基金制度(案)について ご意見をお聞かせください」をクリックしてください。
※志木市HP
http://www.city.shiki.saitama.jp/

メルマガ「チホウ政治じゃーなる」vol.307特別号の「発行人より」から
[PR]

# by kabashima_h | 2004-12-29 12:18 | 埼玉県

北海道ニセコ町がついに「自立」の道を選択

 住民自治の実践で知られる北海道ニセコ町がついに合併をやめ、自立の道を選びました。ニセコ町が今年9月に寄付条例を制定した際に、「逢坂誠二町長は法定協を離脱して、自立を模索しているのではないだろうか」と本欄で予測していたのですが、どうやらそのとおりになったようです。
http://www.kabashima.com/journal/backnumber/295.html (9月27日号)

 ただ現実には、一足先に蘭越町が離脱した後、残るニセコ町・真狩村・喜茂別町・倶知安町による法定協議会が機能しなくなり、12月31日に正式解散という運びとなります。解散を決めた7日の法定協では、逢坂町長も「(町内で実施した)アンケート結果や住民懇談会、議会との協議を踏まえると現行合併特例法期限内での合併は難しい」との判断を示したそうです。

 逢坂町長と共に昨年9月、法定協を2町で先行設置した合併推進派の喜茂別町長は、蘭越町の離脱後も4町村合併に向けて努力しましたが、「盟友関係の逢坂誠二・ニセコ町長は、9月に実施した住民アンケートで『合併反対』が5割を超えたことから沈黙」(読売新聞12月1日付)してしまったようです。合併から自立へと舵を切ったニセコ町。上記の9月27日号でも指摘したように、財政自立計画どおりに町財政が黒字に転換するまで、逢坂町長には町政の責任者としてリーダーシップを発揮し続けてもらいたいものです。

メルマガ「チホウ政治じゃーなる」vol.306の「発行人より」から
[PR]

# by kabashima_h | 2004-12-22 00:36 | 北海道

車体デザイン、「知事の依頼」で友人イラストレーターへ発注 ??? ――長野県

<抄録・チホウの出来事>
信濃毎日新聞2004年12月14日

 県教委が運行している移動図書館の車体に描かれたデザインについて、田中康夫知事が、親交のあるイラストレーター安斎肇氏に依頼したらどうか、と県教委に持ち掛けていたことが県の内部文書で明らかになった。装備一式の事業は長野市内の業者が受託したが、デザインだけはこの業者から安斎氏に下請けに出されていた。専門家は「公共事業の適正な発注と透明性を損なう。ゆ着していると受けとられても仕方ない」と指摘。
[PR]

# by kabashima_h | 2004-12-14 12:15 | 長野県

知事関連会社の県工事受注合計額が「トップ」 ??? ――秋田県

<抄録・チホウの出来事>
秋田魁新報2004年12月14日

 県建設管理課は、03年度県工事受注実績の上位30社ランキングを公表。寺田典城知事の親族が経営する秋田振興建設(大曲市)が8位、寺田知事本人が91年まで社長を務めていた創和建設(横手市)が9位となり、両社の受注金額を合わせるとトップとなる。このほか、村岡兼造元衆院議員や県議らの親族企業が上位を占めた。
[PR]

# by kabashima_h | 2004-12-14 11:54 | 秋田県

『<改革>の技術――鳥取県知事・片山善博の挑戦』に見る改革派知事の手腕

 改革派知事の「西の横綱」と勝手に呼んでいる片山善博・鳥取県知事(ちなみに「東の横綱」は岩手県の増田寛也知事)の県政運営を検証した『<改革>の技術』(田中成之著、定価=本体1800円+税)が岩波書店から発売されました。著者の田中氏は毎日新聞記者で、現在は東京本社の政治部にいますが、片山知事が誕生した直後の1999年6月から無投票再選された2003年4月まで鳥取支局で勤務しました。片山県政を間近でつぶさに観察していただけあって、その濃厚な内容には舌を巻きます。

 本書では、あの有名な鳥取県西部地震における迅速な対応や、県議会との軋轢からその活性化へいたる過程、BSE対策や道路公団民営化をめぐる政府サイドとの対立などが具体的に描写され、さらに片山氏の生い立ちから知事選に担ぎ出されるまでの経緯がエピソードを交えて紹介されています。なんといっても強く印象に残ったのは、前知事が残していったハコモノ事業という「負の遺産」を整理したときの政治手腕の強かさです。

 新しく知事の座に就いた者が真っ先に直面するのが、継続事業への対応です。選挙で中止や凍結を打ち出していればまだしも、片山知事のように前県政の多数与党によって担ぎ出された者が前任者の敷いたレールから外れて走り出すのは容易なことではありません。それを片山知事は、最初は隠していた本音を、地元や県議会の動きを見ながら絶妙のタイミングで切り出すことでやってのけたのです。鳥取環境大学は経営体制を見直し、県立美術館は凍結、砂丘博物館は中止、そしてカニ博物館は大幅な規模縮小といった具合です。この間のことが時系列で詳述されています。

 著者は、政府の地方分権改革推進会議議長の東芝会長を片山知事が批判したときの「東芝製品不買騒動」を「県政運営手腕のほころびの兆候」と見ているようですが、当時の私は、自分自身(あるいは所属する組織)が何らのリスクを負うことなく政府の走狗となる審議会委員のモラルハザードに腹を立てていたので、「よくぞ警鐘を鳴らしてくれた」と溜飲を下げたものでした。この評価の差は、近くで観察している者と、遠くから眺めている者の違いから生じるのかも知れません。

 本書のサブタイトルは「鳥取県知事・片山善博の挑戦」です。中身は確かに日本で一番小さな県に関することですが、底流には全国の自治体に共通する課題があります。その意味では、優れた首長研究の書ということができるでしょう。全国に知事は47人います。1人につき1冊ずつでいいですから、このような都道府県政を検証する本が著されることを期待して止みません。それは、各地で地方政治を定点観測しているメディア人の責務でもあります。

メルマガ「チホウ政治じゃーなる」vol.305の「発行人より」から
[PR]

# by kabashima_h | 2004-12-13 17:28 | 鳥取県

最大流量がダム前提の国交省説明を「上回っていた」 ?? ――熊本県

<抄録・チホウの出来事>
熊本日日新聞2004年12月3日

 川辺川ダム建設に反対している住民団体は、台風16号の際、球磨川の最大流量が人吉市地点で、これまで国土交通省が説明していた最大流下能力を上回っていたことを明らかにした。同省のデータでは、人吉観測所で、最大流量は毎秒4300トン(速報値)を記録。その際の最高水位は3・96メートルで、治水計画上の最高水位(計画高水位)まで約10センチ、堤防の最上部まで1・6メートルの余裕があった。同省はこれまで、同地点の現在の流下能力は毎秒3900トンしかなく、同ダム建設の前提とする80年に一度の洪水には対応できないとしてきた。
[PR]

# by kabashima_h | 2004-12-03 12:36 | 熊本県

議員の費用弁償、見直しても「1日1万円」の超高額 ??? ――札幌市

<抄録・チホウの出来事>
北海道新聞2004年12月1日

 札幌市議会の議会改革検討委員会は、本会議などに出席するたびに支給される費用弁償について、現行の1日1万2500円を引き下げることで一致した。これまでの協議で多数の意見を占めている1万円で合意する見通し。
[PR]

# by kabashima_h | 2004-12-01 23:38 | 北海道

算定方式の「規定なし」知事退職金はいくらに ??? ――富山県

<抄録・チホウの出来事>
朝日新聞富山2004年11月30日

「功績を評価すべきだ」「県財政は厳しい」。6期24年務め、引退した中沖豊・前知事の退職金を巡り、県が、支給額を検討する有識者懇話会を設置し、初会合を開いた。条例には知事の退職金の算定方式の規定がないためで、県によると、規定がないのは全都道府県で富山だけ。
[PR]

# by kabashima_h | 2004-11-30 22:42 | 富山県

合併後の市町村に「パッケージ方式」で権限移譲 !! ――山口県

<抄録・チホウの出来事>
中国新聞2004年11月30日

 山口県は、行財政能力向上が期待される合併後の市町向けに、住民に身近なまちづくりや福祉など5つの行政分野で、権限を一括して移す「パッケージ方式」による新たな権限移譲制度を創設した。基礎自治体である市や町が、個性を生かしたきめ細かな施策展開を可能にするのが狙い。
[PR]

# by kabashima_h | 2004-11-30 22:33 | 山口県